個人間融資と闇金

闇金と個人間融資は違うと思っている人は少なくありませんが、その実態はほとんど変わりません。
闇金業者が個人として個人間融資を行っているだけだからです。
または、個人が利益を得ようと個人間融資を始めるケースもあるでしょう。
いずれにしても、まともな仕事をしている人たちではないことだけは間違いありませんから、個人間融資を利用しようと考えてはいけません。
SNSで検索してみると、個人間融資の危険性について明確に書かれています。
ただ、そのメリットとデメリットが比較できるような表現をしているサイトもありますから、注意しなければなりません。
メリットが少しでもあると感じるなら、それがあなたの金銭感覚がおかしいと思うべきでしょう。
借金を何とかして返したいと思っているかもしれませんが、個人間融資で返済できることはありません。
もちろん、サイトにはいいことばかりが書かれていますから、文面だけを見れば大きなメリットがあると思ってしまうでしょう。
それがソフト闇金業者の手口です。
だまされる方が悪いと言ってしまえば、それまでですが、現実には多くの人が個人間融資を利用して多額の借金を抱えています。
銀行などから融資を受けられない人に対して、融資をしてくれる人がいると思ってはいけません。
それも知人であればまだわかりますが、まったく知らない人がお金を貸してくれるのです。
多額の借金を抱えてしまったら、まずは警察や役所に相談することが大切です。
借金があることに後ろめたさを感じて、誰にも相談しない人が多いため被害が拡大してしまうのです。
借金をしないような生活を送ることが一番いいのですが、どうしても避けられない借金もあります。
その場合でも、毎月少しずつ返済することを考えなければなりません。
もちろん、そのためには安定した仕事を探さなければならないでしょう。
すぐに仕事が見つからないとしても、アルバイトなどを続けていれば確実に収入を得ることができます。
返済額は減少していくのです。
自分の人生の中で借金をしていない時期がないと思う人もいるでしょうが、それは誰でも同じです。
ただ、個人間融資や闇金を利用すれば、返済額がだんだんと増えていくのです。