個人間融資の経験

個人間融資を利用した経験を持っている人はどれくらいいるのでしょうか。
その被害の実態はあまりおおやけになっていません。
もちろん、個人間融資以外の借金もたくさんありますから、それらの違いを理解した上で利用することが大切です。
日常生活のためのお金に困っているのであれば、まずは仕事を始めることが重要です。
自分がやりたいことではないとしても、生活のための仕事と割り切らなければなりません。
個人間融資は聞いただけであれば、何となく善意の人がお金を貸してくれるイメージを持ちますが、そのような人がいると考えることが大きな間違いです。
お金を貸す人は何らかの見返りを求めています。
それは利子による利益です。
利子が高ければ、それだけ自分の取り分が増えることになります。
被害に遭っている人は、お金を返そうとして逆に借金が膨らんでいくことになるのです。
闇金業者や個人間融資の危険性についてはいろいろなところで注意喚起がなされていますが、被害者が減少する効果は得られていません。
個人間融資のサイトで実際の利率をチェックしてみましょう。
どのようなことがわかるでしょうか。
銀行やクレジット会社からお金を借りることができなくなった人に対して、気軽に融資をしてくれる人とは非常に危ない人だと考えなければなりません。
SNS上にすべての情報が掲載されているとは言えません。
もちろん、相手は個人ですから貸金業の法律の規制を逃れることができます。
まずは、相手が嘘を言っていると思わなければなりません。
それでは人をすぐに信用してしまう人が個人間融資を利用するのでしょうか。
お金に困っていなければ利用することはありませんが、人を信用したために保証人として借金を抱えてしまうケースもあります。
ただ、そのような状況を作ってしまったのは自分の責任だと考えるべきでしょう。
また、一般的な保証人は銀行などの融資ですから、性急な取り立てをする闇金業者とは違います。
人と信頼することは悪いことではありませんが、間にお金が絡むと人が人ではなくなると思ってください。
お金ですべてが解決するわけではありませんが、お金によって自分の生活が縛られていることも確かです。